FC2ブログ

単騎無双vs数の暴力 余談その1

余談その1。今回はキャラのバランス調整についてです。
本編のネタバレが多分に含まれているのでご注意ください。

詳細は続きから。

ぶっちゃけそこまでかんがえてないよ。
というのが本音です。


全体的に

基本的にはTusk氏単騎無双vs数の暴力より、FWやUWをメインに設定をお借りしたキャラが多いです。
数の暴力は以前からリクエストをいただいていたので、そちらに準拠しながら調整したのも多いかな?
あとは自分の過去大会からくすねてきたり……。

本大会用に新規設定を開拓したキャラは少ないですね。
ある程度の強さのキャラを見繕ってきて、そいつらと良い勝負できる程度ならとりあえずOK、みたいな感じでした。



単騎無双
美凪さんだけは、Tuskさんからルール原案をいただいた時点から内定が決まっていました。
数多の大会に出てるし、リスペクトならやっぱり外せないよね!
美しい斬鉄も常連枠として採用しようとしたのですが、こちらは強さが合いませんでした。無念。

強さについては、デフォルトなら狂中位〜狂上位前半。復活後は狂中位中堅未満くらいに考えてます。
最初に大まかな設定を決め、ランダムに選出された数の暴力キャラと対戦させて強さ調整……という流れでした。
復活後は3勝でさっさと撤退してしまうので、あんまり自重させる気はないです。それでも相性抜きなら助っ人メンツには及びませんが。

審査の際は復活ルールが曲者でしたね。
両方でそれなりの設定を押さえておかないといけないので、設定の余地がないキャラだとかなり厳しかったです。



数の暴力

こちらはさらに自由にやらせてます。
というのも数を揃えるとなると、どうしても強さの幅を抑えきれなかったんですよね。
自分の中では狂上位中堅(FW第一援軍レベル)、狂中位上限クラス、狂中位中堅(FW初期メンバーレベル)という具合に分けてます。これも大体の目安なので、両方にまたがってたりもしますが。

狂上位中堅はどうしようもないやつらの墓場です。本編だとタタリシオンやチートキョンあたりが該当。
順当に強く、単騎無双側とも五分以上くらいに戦えるので、大会製作者としてはやや厄介だったり。
それでも十五漢ジョンス12Pとかは強すぎたので設定下げました。そんな風に強すぎて漏れてるキャラもいます。

狂中位上限クラスは、本編だとライオンやオリゼロあたりが該当。
こっちは本当の意味で、単騎無双と五分くらいです。
ほとんどのキャラはこの辺になるように調整されてますね。とはいえ相性の部分が大きいので、審査には苦労しました。
東西対抗の小町みたいな、審査をすり抜けてるやつもいるかもしれません。だいあぱんとか。

狂中位クラスはよくも悪くも普通ですね。数の暴力では定番!というキャラがここまでしかいけないことが多かったので設けました。
単騎無双相手だとやや分が悪いのですが、復活タッグで活躍する可能性も高いのでルール上はそれほど不利ではないかも。
そもそも相性で変な強さを発揮したりするので、アテにならないことの方が多いです。
本編でもこの辺だと思ってたキャラが、しっかりソロで活躍してたりします。やっぱわからないもんですね。



助っ人
自重させてません。
通常メンバー相手に勝てる余地を残してるとか、そういうことは全く考えていません。
どうなるかは……全然わからん。



といった具合です。
キャラの強さは抑えたりしてますが、どちらかというとルールでバランスをとってる大会なのかもしれませんね。
スポンサーサイト



コメント

管理者だけに表示する