サーキットバトル予選の完走とか

ネタバレのため折りたたみ













なにこれ
正直に色々と予想を大きく逸脱した結果でした。とりあえず予選通過者の感想をば。

恵飛須沢胡桃 6勝0敗
まさかの一抜け。というか決勝行くとは全く思ってませんでした。
理由としては前大会の26位、および設定の変更無し、と言う所ですかね。
胡桃はゲジマユチャンスメイクを自動回復で凌ぐコンボ不可なキャラなのですが一方で投げ等のステートを奪われる攻撃には非常に弱いです。耐性は回復のみなので10割などもあっさりされます。
実際、前大会では戦人相手に投げでボコボコにされた挙げ句即死で華麗にフィニッシュでしたからね……本当に今回何故勝てたのか。
でまぁ強い所は、前述のコンボ拒否以外だと超即死と永久ですかね。
永久はかなり簡易的な物ですが火力はきちんとあるので10割余裕です。超即死は元々殺傷力を上げるためではなく「即死を耐えられた際に発生するバグを回避するための物」としてkira氏が搭載した物です。結果としては恐らくではありますがまともに食らった場合と仮定してこの大会で耐えられるのほとんど居ないと思います。
まぁ何かと3大会でフル出場してもらってたりしますし何かと愛着のあるキャラの一人なので頑張ってもらいたいです。

ドクオ 7勝1敗
こちらも特にはマークしてませんでしたが「そこそこ強い」という印象でした。
が、予選が始まってみればアンチ凶悪キャラみたいな技が多く即死や10割も豊富で中々の強者でした。
まぁ旧版胡桃に比べれば性能などは有名だと思うので今回は割愛します。
個人的に気になったのはイントロ0対応とブリス技ですかね。イントロ対応は予選ではザガン相手に見れましたが決勝でも見られるキャラは居るみたいです。ブリスは決勝ではドクオイしか使わないので色々と期待してる人は多そう。
まぁ強さ以外でも色々と強烈なインパクトを遺してくれました。

聖騎士リーズ 5勝1敗
思ってたよりも高火力・高耐久はシンプルに強いですね。一応2Pでは殆ど使わない即死当て身もありますが。
音質改善パッチを作成させて頂いてる身としてはまぁ嬉しいです。個人的な感想だらけになりかねないのでやめます。
性能は無敵と高火力高耐久だけでそこまで他を圧倒する強みは少ないかと。前述の即死当て身はカラーの問題上あまり使わない、搭載されているアーマー殺しは決勝では役目が無い、ゲージ技の突進は当たらない。果たして彼女は決勝で活躍出来るのだろうか……?
見所としてはクラマテングとの再戦がおすすめですかね。前回は一時勝ち抜け枠争奪戦でリーズが勝利しましたがかなりギリギリの戦いだったので、決勝でも熱い試合が見られる事間違いナシ、のはずです。

クラマテング 3勝1敗
来年は神最上位になりそうな、そんなキャラ。
最初は私としてはTU回復や決まった攻撃回数などから「撃は挑戦」みたいな感じでした。なのでクラマテングに関しても決勝進出は全く予想してませんでしたね。
予選内ではダークいくみんと並んで最多の11戦、ジョーカー式と並んで最多の8勝、とかなり大暴れしてましたが決勝ではどうなる事やら。
性能は「11回攻撃されるとK.O.」「多段耐性で攻撃されると20F無敵」「ステート等は神であろうとなんだろうとほぼ絶対に奪われない」「攻撃にはゲージ消去がついている」と言った所でしょうか。
AKFGZの試合みたいにヘルパーでブロ連打されず平和に終わってくれればちょっと嬉しいです。

荒ぶる大地の社 5勝0敗
これはオトコマエ!予選ではあっさり3勝し勝ち抜け、その後何事も無く決勝進出。まぁかなり強いので決勝行くかも?とは少し思ってました。
投げ技が主体ですがハルマゲドンの一発もかなり怖いですね……気をつけないと試合が1分足らずで終わるので編集の身としては尺を稼げないのが辛い()
ただステートを奪えないキャラだと投げ技が発動しなかったりハルマゲドンがあまり効かなかったり……ん?

ジョーカー式 8勝1敗
クラマテング同様予選最多勝を獲得。全画面のロイヤルストレートフラッシュの凶悪性がつくづく身にしみます……。
またライフ管理による投げや毒の無効もあるので変な事をしてくる相手程強いと思います。
ジョーカー勢としては三番目くらいの古参ですし現在でも様々な大会に参加してるのはすごいですね。私はめちゃくちゃ好きです。
正直有名すぎて喋る事が無い。

六丸都古Re.-EASY- 6勝2敗
このキャラも決勝行くとは思ってませんでしたね。同様にそこまで突出した強さはありませんでしたから。
しかし予選の幻想殺し戦は白熱の戦いでしたね……。結局倒したの都古だけですし。
攻撃性能は技と技がドンドン繋がる上に高火力のゲージもあるため完全攻撃キャラ。瀕死時には回復の上に抜けも多用してくるのでかなりタフ。あと何枚もある立ち絵がどれも素敵です。
決勝はダメキャン持ちのキャラはいない(クラマテングはそもそもダメージ食らわないし)ですが抜けるキャラは複数居るので上手くダメージを蓄積させる事が出来るか、またそのためにどれだけ低体力の状態で耐えられるかがポイントになりそうですね。

乙女大妖精 6勝2敗
数多の東方キャラを下してきました。特にリザ直前の攻防戦激しい天地戦、同制作者同士の対決となったメルトこぁ戦はすごかったです。
私の方ではきちんと把握していないのですが、即死・毒・大ダメージあたりに耐性があるようです。また抜けと当て身もありますから防御面は凶悪キャラである程突破しづらいかも……?
ただ決勝メンバーだとまだまだ狂中位止まりな所も多いので決勝での活躍は厳しい物になりそうですね……。
まぁ、某大会で優勝してたし大丈夫でしょ。

ジョーカー遠野 7勝1敗
予選では式に負けましたがそれ以外はきちんと勝てているのでさして問題にはならないでしょう。
性能としては様々な場面で当て身を展開しているようでかなり攻撃を通すのは難しいようです。
そして、最近の更新で変わった点として「見えづらい」です。なのであまり何してるかが解らなくて解説しづらい。
ジョーカー勢ご用達しのカーネフェルなどもきちんと搭載されているのでまだ解り易いほうなのか……?

スパーダ 6勝2敗
金ラオウでBシオンと一緒に一目惚れしました。性能に関してはかなり強かったので決勝進出も予想の範囲内でした。
体力自動減少ですがLife3000で300は残ります。また、無敵が多い上に技はどれも高火力を誇ります。
ただ、耐性面は皆無ですね。抜けませんし防御補正やダメキャンも無かったはずですので(うろおぼえ)。
ただそれらを踏まえた上でもゲジマシのおかげである程度連射出来る即死当て身はやはり強いです。アーマー・抜け対策もしっかりされてますし。
個人的には決勝戦で大暴れする予感がしますね。

まぁ、こんなところでしょうか。
ちなみに、私は最初に決勝進出の予想をしていたのですが、こんな感じでした。
・アクセラ七夜
・荒ぶる大地の社
・幻想殺し
・神代彩
・高野レン
・スパーダ
・チートバグミズチ
・トゥールスチャ(アクセラ七夜棄権後)
・Bシオン
・ベガ
・禍雨心傘
……あてになりませんでしたね。
スポンサーサイト
2016年09月21日 | Comments(1) | MUGEN
コメント
No title
小足さんはともかくベガとトゥールスチャは完全にランセレさんに嫌われてましたからね
小足さんも不幸だったとしか言いようがありませんし……
実際決勝の相手の大半に有利とれてそうですし一番応援してただけに本当に残念です
 URL 2016年09月23日 00:53:51 編集

管理者だけに表示する