スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

東西対抗東方狂大戦 Part Final

恐らく動画が投稿されて皆さんが見ている頃、私はにじらじを聞きながら夕飯を食べていることでしょう。
クッソ雑なEDで申し訳ないのですがあれで東西対抗東方狂大戦は終幕とさせていただきます。

続きはいろいろ個人的な感想を載せてるだけです。
読む場合はネタバレしかないので先に本編を見終わってからにするのを強く推奨します。
後、なにか質問などありましたらコメントしていただければ時間のあるときに返答させていただきます。

・東西どちらが勝利するかについて
私は動画作成するときは基本的にPartごとに撮影して動画を作っています。
理由としては動画一本に対してどのくらい試合を詰め込むことができるかわからないのと、PC自体の容量が少ないので溜めておくことができる余裕があまりないためです。
今回もPart38と最終回は別々に撮影していたのですが、Part38の撮影が終わった時点でどっちが勝つのか全くわかりませんでした。
本編では鬼穣子が大暴れしてたのですが、一番の要因は鈴仙RAなんですよね。実はザナルさん以外の殆どのキャラに有利とれるのでかなり相性的にも強いところがありました。逆に言えばザナルさんと当たると生き残るのは絶望的だったわけですが。
ザナルさんも結構凶悪な性能掲げてますが負ける相手には素直に負けちゃうタイプだったので最後までのこると思ってませんでした。
結果としては西軍の勝利となっていますが少しでも何かが違えば東軍が勝っていたかもしれなかった・・・?
まぁ大会というものは往々にしてどうなるかわからんものですね。

・個人的MVPについて
MVPに関しては東軍からは宵闇之小町、西軍からは乙女大妖精を選出させていただきました。
まず宵闇之小町ですが、本編最多の13勝は圧巻でしたね。援軍も4名(チルノはDKOが多発するタイプなので実質3名)倒してましたし、序盤からあまりひきこもることもなく何度も試合に出ていたことから選出させていただきました。ちなみに小町はストレート負けなしなのですが、他は仕様上なりにくいアルマと対応力の高い禍雨の二名だったのでかなりの快挙といえるでしょう。
乙女大妖精については勝利数2位タイと初期キャラクターの中でもずば抜けているところはあるのですが、個人的にはニルヴァーナを敗退させたことが一番大きいと思っています。ニルヴァーナ自身が倒した相手がAuroral-CeruleanDragon(本編で暴れていたこんがらアナザースタイルなどを撃破)、霧雨魔理沙(乙女と同じく勝利数2位タイ)とかなり厄介な相手でした。小町ほどではありませんが多くの各上を倒した実績は素晴らしいものでした。
ちなみに時点でのMVP候補は東軍がニルヴァーナ、西軍がコーネリアでした。どちらも大暴れしてましたからね・・・。

・最終援軍について(一部のみ)
まず一勝もできなかったセレネ。雷雲妖霧とMB風八雲紫に敗北していましたが、天仙娘々や邪道雛に対してはかなり相性の良かったキャラです。今回の設定は軟骨カレー氏の大会を参考にさせていただいたのですが、今更ながらもう少しLife値を300前後まで上げればよかったかなぁ・・・と思っています。ただ格下に対してはかなり強かったので複雑なところ。
次に黒龍。彼女は恐らく唯一アルマに対してストレート勝ちできるキャラでした。ブロッキングと必殺技中の無敵で攻撃をしのぎながら削れるためです。各必殺技にもいろいろ仕込まれてるので個人的には結構応援してたんですが耐性面の低さを疲れて崩されていたのでちょっと悲しかったですね。
最後に雷雲。実は最終援軍で不利なのは本編で二度負けたマグナディウエス空とダークアリスの二名だけでほかの8人には有利を取れるトンでもない状況でした。しかし第一援軍で不利な相手が多い(特に禍雨心傘とコーネリアは相性最悪レベル)だったためこの設定のまま続行していました。しかしマグナ様に二度倒されるとは・・・

まぁこの辺ですかね。ともかく長時間のご視聴お疲れ様でした。
次回大会については・・・恐らく最後の大会になるかと思われます。PCがきついので。
スポンサーサイト
2017年03月31日 | Comments(0) | MUGEN
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。